藤井寺・羽曳野・柏原の膝痛・関節痛治療

膝痛・関節痛は藤井寺・羽曳野・柏原の「はざま整骨院」

注射や薬でも、治らない「痛み」。自分の足で散歩、旅行を楽しんでみませんか?

膝・関節の自己診断・自己チェックをして下さい。

  • 1時間以上歩いたが膝の痛みを感じない。
  • 休まず1時間位歩くことは多少つらいが、休みを取りながらなら痛みを感じない。
  • 休みを取りながらショッピングでブラブラ歩いた後は、痛みが何日間残ってしまう。
  • 1時間は絶対に歩けないし、痛みも何日間残ってしまう。また膝サポーターを使っている。

は、「異常なし」です。
②や③は、「黄信号」ですから、藤井寺市・羽曳野市・柏原市の「はざま整骨院」への来院が必要です。
「赤信号」なので、藤井寺市・羽曳野市・柏原市の「はざま整骨院」へ是非お越し下さい。

症状を自分でチェックして原因を探し出そう!

どれに当てはまるか、をチェックしあなたの原因を見つけましょう!

  • 膝関節を曲げたり伸ばしたりすると音がする。
  • 階段を降りる場合に、力が抜けるように膝が折れてしまう。
  • 痛くて正座が出来ない。立ち上がる時かなり膝が痛む。
  • 膝がピーンと伸びない。無理にでも足を伸ばしたら膝ウラが床に接しない。
  • 膝と膝の間隔が10cm以上になる。
  • 正座をまったく出来ない。
  • 歩き初めには膝に痛みが走るが、続けて歩いていると痛みが徐々に薄れる。
  • 膝を曲げたらお皿の表面が張っていて、腫れてる感じがする。
  • 手を使って膝のお皿を軽く押してみると、お皿が浮いている。
  • 左と右の膝の形がまったくちがう。
  • 膝のお皿が外側に多少ずれている。
  • 膝が何となくガクガク動くし、常に不安定だ。

①~③膝の軟骨である「半月板」に異常を引き起こしている可能性があります。
④~⑦「変形性膝関節症」の疑いがあります。老化現象により発症します。
は、「変形性膝関節症」の典型的な症状と思ってください。
⑧~⑩膝の中に水が溜まっているようです。「変形性膝関節症」や「慢性関節リウマチ」などの恐れがあります。
⑪~⑫膝蓋骨亜脱臼の症状です。膝の靭帯損傷の可能性があります。

膝痛・関節痛治療の5つのポイント|藤井寺・羽曳野・柏原の膝痛・関節痛治療

人間には100以上の関節があります。関節とは、骨と骨が連結する部分です。
私たちは、日常生活やお仕事のときなど関節の動きによって曲げ伸ばしをおこない、ものを持ったり 歩いたりという行動をとっています。
しかし、歳を重ねていくと、関節の表面を覆っている軟骨が擦り減ったりし骨と骨との間隔が近づいてしまいます。そして関節周辺の組織を傷つけたり骨と骨が接触し、骨が変形したりして痛みが出ます。
これが関節痛というわけです。
もし藤井寺市・羽曳野市・柏原市に居住して膝痛、関節痛でお悩みの方は「はざま整骨院」へ…

膝痛、関節痛の原因は?

膝痛・関節痛の原因

中高年の膝痛・関節痛の多くは、膝関節内部の変形によって痛みが起こる変形性膝関節症であります。
これは膝関節内部の軟骨が擦り減り、その関節に刺激をもたらし炎症を起こします。
また、軟骨の擦り減りで関節のかみ合わせが狂い、その影響で摩擦が生じて痛みがあらわれます。

「はざま整骨院」の膝痛・関節痛治療の5つのポイント!

①骨盤を整えます。

骨盤が歪んでくると、両脚の長さが異なり、左側と右側の膝への負荷が偏り、痛みを生じます。また、逆に膝を痛めることにより、痛む膝をかばう歩き方を行い骨盤がズレてしまいます。

②筋肉のバランスを整えます。

大腿四頭筋は膝関節を支える重要な役割を果たしています。膝にとって最も大切な大腿四頭筋が膝痛を感じる側の脚では脆弱している可能性がありますので、テーピングや運動療法などで筋肉の調整を行います。

③膝関節の動きを整えます。

膝の痛みによって膝関節の可動域(動きの領域)が狭くなります。そのため、膝関節の動きが硬くなり、膝を曲げたり伸ばしたりするのが困難になります。そうすると立つ、座る、歩くなどの動きにも差し支えが生じるので、膝関節の可動域を調整いたします。

④膝関節の適合性を整えます。

上下の膝関節のすき間がひどく狭くなったり、上下の膝関節の噛み合わせが悪くなってくると骨がぶつかり合って膝に痛みが発生します。上下の膝関節のすき間を拡げるなどして噛み合わせがうまく合うように調整いたします。

⑤自宅トレーニングを指導。

人間が二本足で歩いた時から膝の痛みが始まりました。二本足で歩いてる限り、どうしても膝関節には重い負担がかかります。その負担を出来るだけ軽くするためには脚の筋肉を借りなくてはなりません。ですから自宅でやれる簡単なトレーニングの方法をアドバイスさせていただきます。

藤井寺市・羽曳野市・柏原市での膝痛・関節痛治療は「はざま整骨院」へ!

膝関節の治療

磨り減った関節軟骨は元の状態に戻ることはありません。
関節の痛みと軟骨の磨り減りは関係は少々あっても、多くの場合は筋肉の衰退に関連します。
治療の目的は痛みを除き、曲がらなく伸びきらない膝を改善して、膝の機能と役割を高めることです。
「はざま整骨院」は、温熱、冷却療法、矯正法、運動療法マッサージ、テーピングなどが基本となります。
治療の1つ目は、痛みの解消と症状の緩和です。 血の流れをを良くし、要部を温めて痛みを軽減させ、関節の動きをスムーズにさせることです。
治療の2つ目は根本治療です。
運動と矯正を取り入れることで血流が良くなり関節に栄養がいきわたります。
痛みと炎症の要因となる老廃物が排泄されますし、細胞活動も盛んに行われ病気の進行を止め再発を防ぎます。
藤井寺市・羽曳野市・柏原市での膝痛・関節痛は「はざま整骨院」へ!